瀬戸内市邑久町のアットホームな歯医者さん
トップ
医院案内
STAFF紹介
診療スタイル
治療の種類
最新NEWS
地域活動
LINKS
Pick Up !
矯正
歯周病予防
インプラント
小児歯科
ホワイトニング
訪問診療
虫歯について
虫歯はなぜおこるのでしょう?
虫歯は口の中にいる虫歯菌(ミュータンス菌など)によっておこる感染症です。 虫歯菌が砂糖などの甘いものを食べると酸を出し、歯が溶けるという単純なものです。
虫歯にならないためには?

1. 虫歯菌を少なくすることです。毎日のブラッシングを効率的かつ効果的に行うことが大切です。お子様に合わせたブラッシングの方法を考えていきましょう。

2. 虫歯菌の餌になる甘い物をあまり食べないことです。しかし糖質は普段の食事や果物などにも含まれていますし、身体には必ず必要な栄養素ですから全く食べないというわけにはいきません。虫歯になりにくい食べ方を学びましょう。

3. フッ素やシーラントによって歯質を強化する方法があります。これは家庭で行う方法と歯科医院で定期的に行う方法がありますので積極的に行いましょう。
小さいお子様や歯医者が嫌いなお子様へ
お子様の歯を虫歯から守るためにはどうすればいいでしょうか?

まずは歯科医院に嫌がらずに来られるようになることです。 そのためには初めのうちは怖くない治療や痛くない治療で慣れていくことが大切です。それを繰り返していくうちに徐々に上手に治療が受けられるようになっていきます。もし既に虫歯が亜ったとしてもそれ以上進行しないように予防する方法もありますし、永久歯のようにそんなに慌てて治療する必要はありません。乳歯はやがて永久歯に生え変わりますから最終的に永久歯が虫歯にならないような環境づくりをしていくことが肝心です。
お子様の健全な成長と健康づくりをめざして
虫歯は「治療すればおわり」と思っていませんか?人間は歯で、咀嚼し栄養を摂取します。歯の健康保持を怠ると、身体の健康にも影響します。また、虫歯予防することは、将来の成人病予防にもつながります。すなわち、健康な歯を保ち続けることで、生涯、健康な生活を送ることができるのです。肝心なのは虫歯を治療することではなく、子どもの頃から虫歯にならないよう予防することです。しかし、子どもは自分ではなかなか管理しきれません。ですから子どもの歯の健康管理は、周りの大人の責任とも言えます。
お子様が歯の健康に関心をもてるように、日頃から親子でよく話し合ったり、歯磨きを励行したりして、親子で歯の健康を保てるように努力しましょう。当院ではスタッフ一同、お子様の歯の健康を保てるよう支援いたします。
歯を強くするフッ素
『フッ素』って何でしょう。何も特別なお薬ではなく、自然界にもいたるところにある、ごくありふれた物です。フッ素は歯の質を強くする自然元素のひとつです。
フッ素は、毎日の食事を通して私たちのカラダに摂取されている必須栄養素のひとつでもあり、歯質を強化する効力が最も高いことから、世界各国でむし歯予防に利用されています。けっして車のワックスのように歯の表面をコーティングするようなものではなく、歯の表面自体を強化するものです。乳歯や生えたばかりの永久歯に非常に効果的です。フッ素を塗布した後は少なくとも30分間はうがいや飲食はしないようにしましょう。
医療機関で行うフッ素

フッ素塗布法:保健所などでも一般に行われている方法で、高濃度のフッ素溶液(2%NaF・酸性フッ素リン酸溶液、商品名:フロアーゲル)を歯科医師の管理下で年2〜4回(3〜6ヵ月ごとに)行う方法です。短時間で終わるため特別に患者さんの協力を必要とせず、小さなお子さんでも塗布することが可能です。

トレー法:歯科医師の管理下で年2〜4回(3〜6ヵ月ごとに)行う方法です。高濃度のフッ素溶液(2%NaF・フッ化ナトリウム液)をトレー上の綿にしみこませ、通電することによって積極的に歯の表面にフッ素イオンを取り込ませようとするフッ素イオン導入法とフッ素塗布法でも使用する2%NaF・酸性フッ素リン酸溶液を用い、通電せずにそのままくわえるトレー法があります。どちらの方法も専用トレーを上の歯に5分間、下の歯に5分間の合計10分間くわえる必要がありますので患者さんの協力が必要です。だいたい3歳半以上のお子さんに利用することができます。大きいお子さんでもフッ素洗口法の習慣がどうしても付かない場合にはこの方法を勧めています。
家庭で行うフッ素
1〜3歳児にお勧めします。
家庭でおこなうフッ素塗布剤も現在では一般に販売されています。0.4%フッ化第一スズを主成分とした物(商品名:ホームジェル750円)で甘味料としてキシリトールを添加しています。6種類の味があり工夫されてはいますが、フッ化第一スズを主成分としているため独特なあと味が残ります。1日1回、夜の歯みがきの後にほんの少量米粒大程度を歯ブラシにとり1分間ほど塗布することにより、むし歯の予防効果が期待できます。一本で4ヶ月ほど使用できます。
4歳以上のお子さんにお勧めします。
フッ素洗口法:毎日法(週5回法)と週1回法があり(商品名:ミラノール 1100円)、毎日法では週5日以上、比較的低濃度のフッ素溶液(0.05%NaF)を少量(5〜10cc)口に含みブクブクうがいを30秒間する方法です。歯科医院で3〜6ヵ月ごとに行うフッ素塗布と違って家庭で手軽にでき、毎日欠かさず行うことによって高い予防効果が期待できます。フッ素洗口の時間帯としては夜、歯をみがいた後に行いましょう。洗口の後はうがいとかせずにそのまま就寝してください。ぶくぶくうがいを上手にでき、無理なく習慣がつくためには5歳以上のお子さんに勧めています。4歳以上のお子さんで兄姉と一緒にする場合には試してみてください。一袋で6ヶ月〜1年ほど使用できます。週1回法ではフッ素溶液(0.2%NaF)で毎日法と同様に週1回ブクブクうがいを30秒間〜60秒間する方法で学校や幼稚園で行われるフッ素洗口はこの方法が多いようです。ご家庭でされるときは毎日法をお勧めします。
フッ素Q&A
Q.フッ素は体に害はないのでしょうか。飲み込んだ場合の害は?

A.
フッ素で問題になるのは慢性中毒と急性中毒があります。慢性中毒は飲料用地下水に自然界のフッ素が高濃度含まれている地区に起こるもので、我々が通常の使用法で起こるものではありません。ここで問題になるのは急性中毒の方でしょう。歯科医院で行うフッ素塗布法は用量的にも急性中毒を起こすことはありません。フッ素洗口法では可能性はあります。洗口法には毎日法と週1回法があります。毎日法では0.05%のフッ化ナトリウム溶液を使用します。通常の使用量は5〜10ccですので全部飲んでも問題はありません。4歳児の平均体重は16.5kgで、この場合フッ素溶液を147cc以上飲んだ場合に急性中毒(寒気、吐き気、発汗、腹痛といった症状)が起こる場合があります。週一回法ではフッ素濃度が4倍のものを使いますので、1/4の量でおこる可能性があります。応急処置として牛乳を飲ませると良いでしょう。自宅で行う場合は毎日法をおすすめします。

フッ素の摂取量について

食品から摂取される日本人(12歳)のフッ素摂取量は1.3〜2.8mg/日です。 体重10kgあたり10〜20mg摂取するとフッ素中毒症(吐き気、下痢など)になるとされています。また永久歯の形成期(1〜3歳頃)に毎日2〜3mg摂ると班状歯になるといわれています。虫歯予防で使用されるフッ素は大量に食べたりしない限りは食品と同程度の安全な量といえます。

●フッ素量
ホームジェル 0.1ml中   0.1mg 毎日つけるタイプ
フロアーゲル 0.1ml中   0.9mg 年2〜4回つけるタイプ
緑茶     100cc中   0.1mg
いわし    100g 中   0.5mg
食塩       2g 中   0.1mg
海草      60g 中   0.1mg

Q.フッ素を塗る時期、期間は?

A.
フッ素は乳歯や生えたばかりの永久歯のむし歯予防に効果的です。乳歯や生えたばかりの永久歯の表面はきれいなエナメル質の結晶が整っていない場合が多くつるつるではありません。その証拠に乳歯や生えたばかりの永久歯には茶渋がつきやすく汚れやすいのです。ですから酸に溶けやすくむし歯になりやすいということです。大人の歯のように生えて時間がたった永久歯の表面は堅く酸にも強くなります。早く大人の歯のように丈夫な歯に早くしてあげようと言うのがフッ素です。フッ素には歯の表面を堅く丈夫にする効果と抗菌作用があります。少なくとも一番奥の永久歯(12歳臼歯)が生えるまでは定期的にフッ素を応用した方が良いでしょう。年齢的には1歳半頃から13、4歳までです。これも個人差がかなりあります。
Q.お茶でうがいするのとフッ素剤を使用するのとむし歯予防の差は大きい?

A.
一般的にお茶の渋みを出すタンニン。タンニンを形成する成分の一部がカテキンであり、特に日本茶には良質のカテキンがたくさん入っています。カテキンには殺菌作用、抗菌作用がありますが、フッ素にはこれに加えて再石灰化作用があります。むし歯予防の面からみるとフッ素の応用の方が効果が高いです。 注:乳製品に含まれる蛋白質はカテキンと結合しやすく、その効果を無くしてしまうので注意しなくてはならない。 食中毒防止のためにお茶を飲む場合、食事の時はお茶を飲んで、3時間ほどたってから牛乳は飲みましょう。
医療法人 水野歯科医院

〒701-4221
岡山県瀬戸内市邑久町尾張125-1 ハローズ邑久店向かい
地図
お電話でのご予約

0869-24-1177
診療時間
午前 9:00〜12:30
午後 2:30〜7:00
土曜日はPM6:00まで
休診日
木曜午後・日曜・祝日