瀬戸内市邑久町のアットホームな歯医者さん
トップ
医院案内
STAFF紹介
診療スタイル
治療の種類
最新NEWS
地域活動
LINKS
Pick Up !
矯正
歯周病予防
インプラント
小児歯科
ホワイトニング
訪問診療
歯周病(歯槽膿漏)とは?
歯周病の進行と治療について
歯周病はほとんど自覚症状がないうちに進行し、気づいたときには手遅れになってしまう病気です。 一度、溶けてしまった骨はもう元には戻りませんし、また一度治療しても放っておくと、歯周病菌が 増えて再発してしまいます。 歯周病予防で最も大事なのは歯周病菌(歯垢や歯石)を増やさないこと。つまり毎日の丁寧な ブラッシングと歯科医院での定期的なクリーニングを繰り返すことが重要です。
軽度歯周病

歯を支えている骨の溶けぐあいが歯の根の長さの1/3以内のもの
(症状)
歯周ポケットの深さが3〜4oで、まだほどんど症状がありませんが時々歯肉から出血したり、少ししみたりすることがあります。

(治療)
6ヶ月に一回程度の歯垢と歯石の除去で十分予防できます。 これ以上進行しないように毎日のブラッシングと定期健診をしっかり行ってください。
中程度歯周病

骨の溶けぐあいが歯根の長さの1/3〜1/2以内のもの
(症状)
歯周ポケットが概ね5〜6o。少し歯がグラグラしたり、歯が浮いて咬むと痛いことがある。時々歯肉が腫れたり、膿がでたりする。

(治療)
歯周ポケットの奥に入り込んだ歯垢や歯石を取り除きます。麻酔をして治療することもあります。 歯周病が進行しやすくなっています。1〜3ヶ月に一回程度は定期的に歯のクリーニングを行いましょう。
重度歯周病

骨の溶けぐあいが歯根の長さの1/2以上のもの
(症状)
歯周ポケットが7o以上。かなり歯がグラグラしたり、よく歯肉が腫れたりします。冷たいものがしみて食べれないことや痛くて咬めないこともあります。
(治療)
歯周ポケットの奥深くに入り込んだ歯垢、歯石を除去します。場合によっては歯周病の手術を行うこともあります。激しくしみる場合は、歯の神経をとったり、グラグラする歯をかぶせや接着剤で固定することもあります。 治療が不可能なぐらい進行した場合は抜歯となります。重度歯周病は進行も早く、歯周病菌の除去も困難な場合が多いので進行を食い止めることはかなり難しくなります。放っておくとすべての歯が悪くなってしまうのでしっかり予防することが肝心です。1〜3ヶ月に一度は定期健診を受けてください。
歯周病と全身疾患について
歯周病は糖尿病や動脈硬化などと同じように、生活習慣病といわれています。虫歯とは違い、加齢とともに進行しやすくなっていく病気で、若い頃は多少不摂生しても大丈夫ですが年をとるにしたがって不摂生が蓄積され、病気が悪化していきます。また最近の研究で歯周病が糖尿病を悪化させることや心臓病や肺炎の原因になったり、早産にも影響していることがわかっています。 現在、35歳以上の約85%の人が歯周病にかかっているといわれています。健康な身体で長生きするため にも歯周病の早期治療と予防を積極的に行っていきましょう。
医療法人 水野歯科医院

〒701-4221
岡山県瀬戸内市邑久町尾張125-1 ハローズ邑久店向かい
地図
お電話でのご予約

0869-24-1177
診療時間
午前 9:00〜12:30
午後 2:30〜7:00
土曜日はPM6:00まで
休診日
木曜午後・日曜・祝日